仕事を知る 職種紹介

ICTの未来を見据えて新たなシステムやソリューションを生み出すために、
アイ・エス・ビーの最前線で活躍する2つの職種について紹介します。
イメージ

01 プログラマ

  • 仕事の概要

    プログラマの仕事は、システムエンジニア(SE)によって作成された仕様書に基づいてプログラミングを行い、システムやソフトウェアを完成させることです。システムやソフトウェアは、通常複数の機能を組み合わせることによって完成しているため、開発の現場では、複数のプログラマが担当にわかれて、割り当てられた機能を実現するためのプログラミングを行います。

  • 仕事の流れ

    システム細部の作りこみを、システムの開発工程の中では「詳細設計」と呼び、各自が担当した開発パートが問題なく稼働するかを試す「単体テスト」、他の機能と合わせたときに問題なく稼働するかを試す「複合テスト」と、徐々に結合する範囲を広げていくことでシステムやソフトウェアを完成させていきます。プログラマにとっては、詳細設計も大事な仕事ですが、テスト段階での微修正も重要な任務といえます。たとえば、機能単体では問題なく稼働していたのに、他の機能と結合して稼働してみるとどこかのプログラムが誤作動してしまうということは、開発の現場ではそう珍しいことではありません。そうしたバグをより多く見つけ、そして改善していくことで、システムの完成度を高めていきます。

  • 求められる資質

    優秀なプログラマは、複数のプログラム言語を習得しているほか、バグの原因を察知できる想像力、それを解決できる粘り強さなどを持ち合わせています。また、プログラム言語やプログラミングの手法は、常に進化していると同時に、時代ごとの主流がかわるため、最新情報をキャッチアップする探求心も必須といえます。経験を積んでくると、複数のプログラマをまとめるリーダー的な役割に任命されることも多いため、リーダーシップも必要な素質の一つとなります。アイ・エス・ビーにも、優秀なプログラマがおり、また文系学部出身者も数多く活躍しています。

02 システムエンジニア(SE)

  • 仕事の概要

    プログラマとして十分な知識と経験を有し、その知識をもってシステムの全体像を描き、構築のためにプログラマの作業をリードするのがシステムエンジニア(SE)の仕事です。アイ・エス・ビーでは、プログラマとして経験を積んだ人材がSEにステップアップしていきます。システム開発の全工程に責任をもち、お客さまと大勢のプログラマの間に立つため、仕事の多くはコミュニケーションによって成立するといっても過言ではありません。

  • 仕事の流れ

    アイ・エス・ビーのSEにはいくつかの種類があり、なかでも上級SEと呼ばれる社員は、大規模案件を方向を決め、チームを差配するプロジェクトマネージャーのような側面をもっています。業務は、まず、お客さまの要望をヒアリングしてシステムの概要をまとめた「要件定義」を作成することから始まります。そこへ中堅のSEが加わり、具体的にどんな機能を実装するかを指定した「仕様書」を作成。これをもってプログラマが詳細設計を開始します。プログラマが開発している期間中は、中堅SEがプログラマの開発現場をリードし、定例会という経過報告の場を定期的に設けて開発現場の状況把握を行います。その結果は、SEたちによってお客さまへ報告されます。こうした場で、お客さまから追加機能のご要望が発生することは多く、対応策を講じて現場へ指示を出しながらお客さまに満足いただけるシステムが完成するまで、開発の進捗を見守っていきます。

  • 求められる資質

    ICTの専門家ではないお客さまと、ICTの専門家であるプログラマの間に立つため、お客さまが言葉にしきれていない真のニーズをくみ取る力が求められます。そして、その要望を専門用語にしてプログラマに的確に伝えていく臨機応変な思考も不可欠です。また、開発しようとするシステムが長期的にお客さまの事業を支えられるように、お客さまの事業を十分把握する理解力、今後の事業展開などを予測する力なども大切となります。しかし、何といってもシステムの全体像を描き、開発をリードする役割上、接する相手それぞれの立場を理解したうえで物事を遂行していけるコミュニケーション力とリーダーシップは必須といえます。