AI機能付セルフチェック用タブレット型サーマルカメラ

接触検温のリスクを省き
発熱者瞬時検知

特徴:大で1.5m離れた場所から測定可能、測定対象者一人ずつ検温、1次スクリーニングとして利用し、手動での検温対応の手間を削減

サーマルカメラによる検温の動向

従来
従来のサーマルカメラを利用した検温

サーマルカメラによる検温は管理者が
パソコン画面で非検温者をチェック。

現 在
現在のサーマルカメラを利用した検温

検温は施設・店舗を利用される方々が
自ら行うセルフチェックスタイルに変化。

サーマルカメラ(サーモグラフィカメラ)とは?

サーマルは英語で「thermal」。「熱の」という意味で、サーマルカメラとは、「熱を感知するカメラ」です。
目に見えない「熱」を離れた所から測り、画像や映像に映し出すことで体温などの温度を可視化できます。サーマルカメラが映し出す映像は、サーモグラフィーと呼ばれ、人やものの、温度が高い所は赤く、低い所は青く表示します(右図参照)
一般的には、赤外線カメラ、サーモカメラなどとも呼ばれていますが、一度はテレビなどでその映像を見たことがあるでしょう。
温度や熱を可視化するサーモグラフィーは、様々な分野に幅広く利用されています。

絶対零度より温度の高い物体は、表面から電磁放射線(赤外線)を放出しており、その量は物体の内在温度に比例します。サーマルカメラは、この特性を利用して、人やもの全体の表面の温度 を計測しています。
※ 体温ではなく表面温度を検知します。

サーモグラフィー:イメージ図
サーモグラフィーのイメージ

サーマルカメラソリューションの特長

  • 特集01

    マスク着用でも顔認証・検温可能

    マスク着用していない場合は警告も。
    音声でのアラートも可能です。

  • 特集02

    0.2秒検知・検温

    非接触・素早い温度計測で安心・安全。

  • 特集03

    正確な体表面温度測定
    (精度±0.5℃)

    温度を測定するために酸化バナジウム非冷却センサを採用。(マスク着用も可)※非冷却赤外線イメージセンサは、熱型赤外線検出器を用いた画像デバイスです。

  • 特集04

    様々な認証方式に対応

    出入管理システムとの連携に対応し、顔、温度などの複合認証も可能です。

  • 特集05

    導入~運用もトータルサポート

    ISBグループで導入~運用までをサポート

  • 特集06

    アフターケア万全

    全国200社の協力会社が、強力にバックアップ

導入イメージ

導入イメージ図

測定時間は約0.2秒と瞬時に測定ができるので、入場者が1人ずつ通過するような動線を設けることで、手軽にソーシャルディスタンスを維持しつつ、スムーズで効率的な体表面温度の測定ができ、従業員の接触リスクを回避します。

導入事例

  • 企業・オフィス・工場企業・オフィス・工場
  • 学校・病院・役所等の公共施設学校・病院・役所
    等の公共施設
  • 駅・空港・地下鉄などの交通機関駅・空港・地下鉄
    などの交通機関
  • ショッピングモールなどの商業施設ショッピングモール
    などの商業施設
  • ライブ会場やスタジアムなどの施設ライブ会場やスタジアム
    などの施設

料金・導入までの流れ

タブレット型サーマルカメラセット内容

  • スタンドタイプ:[セット特別価格] 175,000円(税別)
  • 卓上タイプ:[セット特別価格] 150,000円(税別)
  • 01
    お問い合わせ
  • 02
    お見積・ご契約
  • 03
    機器のご提供
  • 04
    ご利用開始

アフターサービス

  • 保証期間中に(お渡し日から1年間)正常な使用状態で故障した場合は、
    無償で故障箇所を修理させていただきます。

    修理が困難な場合は同等品と交換いたします。

  • 保証期間内でも以下のような場合は有償修理させていただきます。

    1. ❶設置環境が取扱説明書などに記載の条件以外の場合。
    2. ❷お客様のご使用上の誤り、或いは改造や修理による故障及び損傷の場合。
    3. ❸輸送や移動時の落下・衝撃等、お客様のお取扱いが適正でないために生じた故障及び損傷の場合。
    4. ❹塩害、ガス害、公害、地震、落雷、火災、風水害等の天災地変その他、外的要因に起因する故障及び損傷の場合。
    5. ❺不具合の原因が本製品以外の要因に起因する場合。
    6. ❻消耗部品の損耗交換の場合。
  • 本保証は、日本国内においてのみ有効です。