ソリューション

医療システム


medical000r.jpg
当社では、1980年代より現在の我孫子システム部を中心に、大手医療機器メーカー、電機メーカーの医療機器向けソフトウェア受託開発に取り組んできました。この医療ソリューション事業は、今後市場の拡大が見込まれており、当社でも重要な事業の一つとして位置づけています。
また、最近では、得意としている画像処理技術を活用し、DICOM規格(注1)に対応した自社製品Small Medical Solution(注2)の開発・販売を開始しました。
 
注1: DICOMは、Digital Imaging and Communication in Medicineの略称で、医用画像の画像規格及び通信プロトコルの標準規格です。
注2: Small Medical Solutionは、具体的には、DICOM通信ライブラリ「L-Share」(DICOM変換・送信Gateway、DICOM保存サーバ、時刻同期のための「TimeServer」と「L-ShareViewer」(タブレットによる画像ビューアー)の2つのアプリケーションで構成される「手軽にどこでも医用画像利用を!」をコンセプトにしたモバイル医用画像ソリューションです。病院での活用のみならず、災害時の活用も期待できます。
Loading...